個人輸入と国産バイアグラの関係性 

日本の国産バイアグラやジェネリック医薬品は、医師の処方箋がなくては購入することはできません

ただし、海外製のバイアグラやカマグラゴールドなどのジェネリック医薬品は、個人輸入代行を使い、通販で購入することができます。

医師の処方が必要な国産バイアグラ

日本製のバイアグラ・ジェネリック

現在、日本では医師の処方箋でED治療薬が購入できます。
EDの症状を感じれば、病院で診察をうけ、医師の診断で処方箋がもらえます。病院で処方されるED治療薬は、国産になり通販サイトでの購入はできません。

国産バイアグラのジェネリック製造メーカー

キッセイ薬品
東和薬品
富士化学工業
あすか製薬
陽進堂

などが挙げられます。
他にも、数多くの製薬メーカーがバイアグラジェネリックを製造・販売しています。
バイアグラジェネリックは、国の審査をパスした医療現場でも使用される治療薬です。海外製のジェネリック医薬品も同様に、同じ有効成分を使用しています。そのため偽造品と違い、有効性・安全性ともに先発薬と基本的な違いはありません。

偽物に注意!バイアグラの正規品との比較

バイアグラの偽造品と正規品
バイアグラは、ファイザー製薬で製造・販売されているED治療薬です。

しかし、偽造バイアグラは今も世界中で製造され流通しています。偽造バイアグラの製造過程は不衛生なだけでなく、過去には偽造品を服用したことで、重篤な健康被害も出ています。

わたしたち、消費者が正しい知識を身に付け、偽造品を購入しないことが最大の予防線になります。

では、具体的に正規品と偽造品との違いは何でしょうか。日本とアメリカで、正規品でも見た目が多少異なるため、それぞれの違いを比較してみました。

日本で販売されているバイアグラ

本物のバイアグラ日本で認可を受けているバイアグラは「25㎎」「50㎎」で、1シート10錠になっているのが特徴です。さらに、シートの裏側は日本語で注意書きが記入されているので、必ず確認しましょう。

アメリカで販売されているバイアグラ

海外のバイアグラの見た目アメリカで販売されているバイアグラは「50㎎」「100㎎」になり、ボトルか箱での販売になっています。米国の住所から送られているから、本物というわけではありません。偽造バイアグラは、米国経由で日本に輸入される事例も確認されているので、注意しましょう。

個人輸入代行サイトを使う

個人輸入代行サイトを利用

海外製の正規品バイアグラやジェネリック医薬品は、個人輸入代行を利用して購入することができます。

個人輸入代行とは、個人輸入を代行するサイトです。
個人で輸入すると、さまざまな手続きが必要ですが、個人輸入代行サイトを使うと、面倒な手続きをせずに商品が購入できます。
個人輸入で安心・安全に商品を購入するためには、正規品と偽造品をしっかりと見分けることと、正規品を取り扱っている信頼できるサイト選びがポイントです。

個人輸入代行(個人輸入)のルール

1、転売目的での購入はしない
2、使用量を超えた購入はできない
3、商品を先払いで購入する

転売目的の購入はルール違反になります。
そのため、ある程度のまとめ購入はできますが、使用量を大幅に超えるような大量の発注はできません。
個人輸入代行は、個人輸入の代行で商品を購入しているため、商品は完全先払いになります。
また、後払いで商品の受け取りと同時に支払うとサイト側が転売しているとみなされてしまうため、サイト内で商品を先払いして、海外から直接商品が届きます。

Amazonや楽天で購入できないワケ

医薬品は大きく分けて2つに分類されます。

1、医師の処方が必要な医療用医薬品
2、薬局で購入できるような一般用医薬品

Amazonや楽天で購入できるのは、2番目の一般用医薬品のみです。
バイアグラのように、医師の処方箋が必要な医療用医薬品は、転売は禁止されているため、出品することは違法にあたります。そのためAmazonや楽天では、バイアグラやバイアグラジェネリックは購入できないというわけです。