カマグラゴールドの効果をマックスにあげる方法

カマグラゴールドはバイアグラのジェネリックにあたります。
そのため効果効能そのままに、安価で購入することができるED患者の強い味方です。

カマグラゴールドの効果

服用後30分から1時間で効果があらわれはじめます。

持続時間は約5時間で、性的刺激があれば何度でも性行為が可能です。

こんな症状がでたらEDの可能性大

問題があるカップルの様子

・中折れする
・性的刺激をうけても勃起しない
・満足な性行為ができない
・勃起しても十分に硬くならない

「性欲はあるのに勃たない」「真っ最中に勃起しなくなった」などの症状で悩み始めたら、医療機関を受診してもよいでしょう。

処方されるお薬になれてきたら、通販サイトへの移行することや、医療機関に行くこと自体が恥かしい人は、はじめから通販を利用することもアリです。
→海外製ED薬の注意点はこちら(カマグラゴールドのデメリット|副作用と飲み方について
カマグラゴールドの通販サイト

EDの原因

EDにはさまざまな原因が考えられます。
日本国内でEDに悩んでいるひとは、4人に1人といわれており、上昇傾向にあります。

・心理的ストレスが原因
20代から40代に多いのが、心理的ストレスが原因でおこる心因性EDです。
日常的なストレスや不安からEDになるケースや、幼児期の体験や性的トラウマが原因によりEDの症状が起ります。

・血管や神経障害によるED
加齢により血管や神経が衰え、動脈硬化によりEDになるケースや、生活習慣病からEDの症状になるケースです。また性的な刺激をうけたとき、脳へ信号を送りますが、神経障害があると伝達がうまくいかず、EDの原因になります。

・ある特定の薬物によるED
抗うつ薬や降圧剤などを服用していると、EDの原因になるケースもあります。これらは中枢神経や末梢神経に影響をおよぼすものも多く、神経同士の伝達がうまく伝わらないためEDになります。

・心理的ストレスと血管や神経障害の複合
心因的要因と身体的要因の両方でED症状が出る人も少なくありません。
心因的要因の場合、自分では無自覚でストレスを感じているケースもあるため、血管や神経障害が回復してもEDの症状が改善されない場合、心因的要因を合わせ持っている可能性大です。

カマグラゴールドがEDに効くワケ

バイアグラのジェネリック医薬品のカマグラゴールドは、主成分に「シルデナフィル」を使用しています。
シルデナフィルは勃起を助ける役割を果たし、PDE5という酵素の働きを阻害し、その結果、勃起を促すcGMPの分解を抑え、勃起力と持続を促すというわけです。

勃起のメカニズム

勃起の仕組み

性的刺激→NOの放出→cGMPが放出→勃起

勃起は、性的な刺激をうけると、脳へ情報が伝達されます。

脳へ伝わると、陰茎の神経や血管からNO(一酸化窒素)が放出され、cGMPと呼ばれる血管を拡張させる物質が放出されるのです。

このcGMPの効果により、血流が促され、勃起の開始と維持ができるようになります。

cGMPを分解するのは、PDE-5と呼ばれる物質でED治療薬に使用される成分は、主にこのPDE-5の働きを鈍くし、cGMPの効果を長く促す働きがあります。

カマグラゴールドを100%活かす

1、空腹時に服用する
カマグラゴールドの主成分である、シルデナフィルは油分に弱いため、食後に併用しても効果を十分に得られない場合があります。アルコールの影響も受けやすく、いつも以上に酔いやすくなるため、併用はさけましょう。

ポイント
デートで食事の約束をしている場合、その30分前に服用すれば、体の中に成分が吸収されているため、そのあとに食事をしても効果を実感しやすいでしょう。
カマグラゴールドの持続が約5時間になるため、それ以内に性的刺激をうければ何度でも性行為ができます。

2、グレープフルーツなど柑橘類と併用しない
シルデナフィルは、柑橘類のなかでもとくにグレープフルーツとの相性はよくありません。副作用が強くでてしまうケースがあり、性行為どころでなくなってしまう場合もあります。

ポイント
グレープフルーツの加工品にも気を付けましょう。ジュースやゼリーなど、グレープフルーツの成分が入った加工食品にも服用時は気を付けましょう。

3、25㎎から服用をはじめる
カマグラゴールドは50mgと100㎎から通販で販売されています。
病院で処方されるバイアグラの分量は、25㎎からで同じ成分を使っているカマグラゴールドが以下に多く含まれているかが分かります。

そのためはじめて利用するひとは、50㎎を半分に割って使用することをオススメします。さらに100㎎を四分の一にカットして使用すると、金額的にもお得なためコストパフォーマンスが良いです。

ポイント
成分量が多ければ、効果が高いというワケではありません。
量が増えることで、体への負担もかかり、副作用も強く出てしまいます。
自分に合う分量を見つけるためにも、はじめは25㎎からスタートしましょう。