カマグラゴールドのデメリット|副作用と飲み方について

カマグラゴールドの副作用

カマグラゴールドはバイアグラのジェネリック医薬品にあたります。
医療用医薬品にあたるため、併用禁止のお薬や、服用を避けた方がよいひともいます。
カマグラゴールドでEDを克服するためにも、体の負担をかけずに正しい服用を守りましょう。

カマグラゴールドの正しい飲み方

カマグラゴールドの通販サイト
1、初心者は、25㎎から服用をスタートしましょう。
カマグラゴールドの服用目安は、1日1錠(50㎎~100㎎)です。
しかしカマグラゴールドは、バイアグラのジェネリック医薬品です。現在、日本ではバイアグラの処方は25㎎からとなっています。カマグラゴールドは、海外製のため成分量が多く含まれています。
初心者の服用は、50㎎を半分に割り25㎎にしてからの服用がオススメです。

2、空腹時やノンアルコール、ノンカフェインの状態で服用しましょう。
カマグラゴールドは食事の影響をうけやすいため、できるだけ空腹時での服用をこころがけましょう。
またアルコールは持続時間の減少させ、カフェインは血中の濃度を上昇させる効果があり、薬が効きすぎてしまう可能性があります。

3、水やぬるま湯で服用しましょう。

相性 飲物
水・ぬるま湯・清涼飲料水・ジュース(グレープフルーツジュース以外)
水・ぬるま湯・清涼飲料水・ジュース(グレープフルーツジュース以外)
牛乳・グレープフルーツジュース

カマグラを水やぬるま湯と一緒に服用することで、体に吸収されやすく効き目を発揮してくれます。
牛乳との服用は、カマグラの主成分であるシルデナフィルの吸収を妨げてしまうため、一緒の服用は避けましょう。

またグレープフルーツジュースとの服用は、薬の効果が効きすぎてしまい、副作用を強く出してしまう可能性があります。

4、服用前後にグレープフルーツを食べない
グレープフルーツなどの柑橘類との相性はよくないため、加工品も含めて一緒に服用することはさけましょう。副作用が強くなりすぎてしまいます。

5、性行為の30分前から1時間前に服用しましょう。
カマグラゴールドの主成分であるシルデナフィルが体内に吸収される時間が、約30分かかります。そのため性行為の30分前、もしくは1時間前から服用しましょう。

次回の服用は最低でも24時間以上空けてからにしましょう。

併用禁止のお薬は?

併用禁止のお薬
・硝酸剤やNO供与剤(ニトロギリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)
・sGC刺激剤
・アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠)
・リオシグアト(アデムパス)

併用注意

・降圧剤
・α遮断剤
・カルペリチド
・チトクロームP450 3A4誘導薬(ボセンタン・リファンピシンなど)
・チトクロームP450 3A4阻害薬
(リトナビル、イトラコナゾール、ケトコナゾール、シメチジン、エリスロマイシン、ダルナビル、サキナビルなど)

考えられる副作用

・頭痛
・ほてり
・顔の赤み
・動悸
・鼻炎

カマグラに限らず、ED治療薬の多くは血流を促す作用があります。
そのため薬の成分が吸収されはじめると、上記の副作用を経験しているひとは多く、ほとんどの人はすぐに症状が回復します。
体が成分に慣れることや、成分が抜け始めると、頭痛などの副作用はなくなっていきます。

カマグラゴールドを服用してはいけないひと

・バイアグラや、カマグラに対してアレルギー反応が出た
・半年以内に脳梗塞や脳出血、心筋梗塞があった
・併用禁止の薬を投薬中
・血管系に障害がある
・重度の肝機能障害
・網膜色素変性症患者

カマグラゴールドの服用注意点

カマグラゴールドを服用する際は、食事とアルコール、カフェイン、グレープフルーツに気をつけましょう。
服用後の持続時間は約5時間になっていますが、空腹時に服用して、成分が吸収されれば問題はその後の食事は問題ありません。
アルコールやカフェインの場合は、過剰に取り込んでしまうと、カマグラの効果を減少させてしまいます。

服用方法を守り、ED治療と向き合っていきましょう。